アメリカのNASAの無人探査機ニューホライズンズによる冥王星の観測

アメリカのNASAの無人探査機ニューホライズンズによる冥王星の観測で、その直径が2370キロメートルであることが分かったのだそうです。

実はいままで考えられていたよりも大きかったのだそうで、多くの専門家の説は今回のデーターよりも小さい数字を推測していたそうです。

今回は無人探査機ニューホライズンズが冥王星の近くを通過することで、実際の地形や大きさを調査することで、正確な大きさが判明したことになります。

地球から遠い惑星を観測する際に、科学者による様々な方法があることでしょうが、ある程度の誤差はあると言うことでしょう。

逆に気の遠くなるほど離れている星を観測する際に、推測されるデーターは多少の誤差はあるとしても、かなり近い数字が出されていると言えるのかもしれません。